スピロノラクトン

  1. スピロノラクトンについて
保険診療で難治な重症ニキビの治療に使用します。
スピロノラクトンによる抗男性ホルモン作用により「過剰な皮脂分泌を抑制」して、ニキビを治療します。治療薬のスピロトラクトンは、むくみ治療などの利尿薬として厚生労働省に承認されていまが、 ニキビには未承認のため自費診療となります。

下記の項目に当てはまる方は、スピロノラクトンを飲むことができません。

× 妊娠中・授乳中の方
× 過去にスピロノラクトンに問題のあった方
× 無尿または急性腎不全の方
× 高カリウム血症の方
× 減塩中の方
× アジソン病(副腎不全)の方
× タクロリムス(商品名:プログラフ)またはミトタン(商品名:オペプリム)またはエプレレノン(商品名:セララ)を投与中の方
× 心疾患や動脈硬化症のある方
× 腎障害のある方
× 肝障害・肝腫瘍の方
考えられる副作用
副作用は容量が増えるほど起きやすくなります。
副作用は早期に対処することで服用中止後にすみやかに消退します。
副作用が出た場合はご相談ください。

◆一般的な副作用

乳房痛、低血圧、頻尿、生理不順、不正性器出血、うつなど

◆重大な副作用
・電解質異常(高カリウム血症・低ナトリウム血症・代謝性アシドーシス等)
【症状】不整脈・胸痛・全身倦怠感・脱力・吐き気など
急性腎不全
【症状】尿量減少・手足や顔のむくみ・頭痛など

◆皮膚科的な副作用
肝斑、多毛、発疹など

※以下の副作用が現れた場合は、本剤の使用を中止し、医師に相談してください。
これらは重篤な副作用と考えられ、頻度は稀です。
・電解質異常
・急性腎不全
・重症の薬疹