トラネキサム酸

トラネキサム酸について
メラニン生成抑制作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、止血効果など安全性が高いお薬で、肝斑の治療にも有効とされています。
メラニンを生成する細胞「メラノサイト」の活性化によりできるシミに対してトランサミンが直接働きかけて、メラノサイトの活性化をブロックします。

飲み方の注意
一時的な色素沈着の場合は薄くなったら中止します。
肝斑などで継続して服用する場合は3カ月服用したら1カ月は休薬しましょう。

下記の項目に当てはまる方は、トラネキサム酸を飲むことができません。

× 妊娠中の方
× 脳梗塞や心筋梗塞、腎不全をわずらっている方
× 血液凝固障害のある方
× ピルを服用している方

※トラネキサム酸は止血作用があるので、別の止血薬であるトロンビンとは一緒に服用できません。
考えられる副作用
安全性の高い薬ですが、0.1~5%の方に吐き気、食欲不振、下痢、胸やけ、過敏症、発疹などが現れることがあります。それらの症状が出た場合は服用を中止してください。